キャリアに悩むビジネスパーソンの応援団長がお送りする
今より10倍人生を楽しむためのキャリア選択方法

人生に変化を起こしたい方にお薦めのワークショップ

代表の垂水がリードするワークショップをご案内します。
このワークショップは、垂水が以前に参加者として参加し、
垂水自身の人生に大きな影響を与えてくれたものです。

この素晴らしさを多くの方にも体験して頂きたいと思い、
垂水自らがワークショップをリードするトレーナーへのトレーニングを受け、
今回、ご提供するものです、
是非、ご参加ください。お薦めです!!


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

人生に本質的な変化を、組織にイノベーションを起こす

      【ビガーゲーム・ワークショップのご案内】

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


.:*:・゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜☆.:*:・゜★゜'・:*:・゜★゜'


『何故、あなたは月曜日の朝、出社するのですか?』


.:*:・゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜☆.:*:・゜★゜'・:*:・゜★゜'




この問いに真っ直ぐに答えられない私がいました。


お金のため?生活のため?


でもそれであれば、
他にももっと楽に稼げる方法はいくらでもあるはず・・・。




目的が不明瞭な毎日や仕事の虚しさを
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ひしひしと感じさせられた瞬間でした。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


「目的、自主性、能力向上の3つこそが人のモチベーションをあげていく」



副大統領の首席スピーチライターを務めた後、
「ワシントン・ポスト」 や「ニューヨーク・タイムズ」で、
経済動向やピジネス戦略についての数々の論文を
発表するアメリカ合衆国の作家、ダニエルピンク氏は
そのように言っています。



個人やグループが義務感からではなく、

やむにやまれない、心を捉えて離さないような目的
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
によって意識を高め、行動を起こしていく
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
一連のことを「Bigger Game (ビガーゲーム)」

と私たちは呼んでいます。



そしてお一人お一人がご自身のビガーゲームを見つけ、
実現させるために行動していくことで、

人生に本質的な変化を、組織にイノベーションを起こしていく
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ためのプロセスを、体験から学んで頂けるのが

「Bigger Game ワークショップ」です。



2001年アメリカを発端にしたこのワークショップを、
日本では2009年から私たちはご提供し、

これまで企業やNPOで働く方をはじめに、
主婦やフリーランスの方にまでわたる
800名以上の方に参加頂いており、

大手薬品メーカーや大手機器メーカー

をはじめとする多数の企業にも導入され、

リーダー育成やイノベーティブな組織風土醸成に貢献しています。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


人生に本質的な変化を起こしたい方、
組織にイノベーションを起こしたい方、
Bigger Gameにご興味のある方、是非ご参加下さい。

尚、この「Bigger Game ワークショップ」の内容をご紹介させて頂く、
「Bigger Gameワークショップ 説明会」も開催させて頂きます。

Bigger Gameに関する詳細はビガーゲームジャパンの
ホームページ(http://www.biggergame.jp/index.html)をご覧下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1, このような方におすすめ
2, ビガーゲーム・ワークショップについて
3, ビガーゲーム・ワークショップ説明会について
4, 主催者のプロフィール
5,  ビガーゲームとは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1,このような方におすすめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

• 自分自身に情熱と革新を起こしたい人、起こそうと準備を始めている人

• チームの革新や成長を支援する管理者やリーダー

• 日々の生活にワクワクを感じたい人

• 自分の活動やプロジェクトに人を巻き込んで協力者を増やす為の
 手法を手に入れたい人

• 自分や人が情熱をもって成長し成幸するための手法のテンプレート
 を手に入れたい人

• 成功している人たちの思考や行動のパターンを知り、身につけたい人

• 企業の中にビガーゲームの導入をご検討されている人事や研修企画の方

※企業やNPOで働く方、フリーランスの方、学生など、所属や立場を
 限定せず参加いただけます


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2,ビガーゲーム・ワークショップ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

開催日時:2013年5月25日(土)— 26日(日)
     1日目 10:00-18:30  /  2日目 9:30-18:30 
     ファシリテーター:松本由美、垂水克己

場所:中野サンプラザ@東京都中野

参加費:50,000円 (プレイブック等資料代含む)
    ※再受講の方は22,000円
______________________________

ワークショップのアジェンダ:

<1日目>
・オープニング
・ビガーゲームとは?
・渇望の発見(対話)
・ビガーゲーム・プレイヤーの映像と討議
・ゆずれない目的の発見(対話)
・いつもの領域の検証

<2日目>
・ゲームボードの活用
・メンタリング体験(体感を使っての対話)
・成功の鍵: Meet - Point - Dance
・ゆずれない目的のビジョン化
・ビガーゲームのタイトルの明確化(対話)
・盟友の発見
・ボードを使ったアクションプラン策定
・ビガーゲームの宣言

______________________________

お申し込み方法:下記アドレスから申込みページに行き、
        必要事項をご記入の上お申し込みください。

         http://kokucheese.com/event/index/80512/

問い合わせ先:ビガーゲーム・ワークショップ事務局
       
         info@life-ownership.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3,ビガーゲーム・ワークショップ説明会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

開催日時:第1回:2013年4月25日(木) 
                18時30分~21時00分
     ファシリテーター:津村英作、垂水克己

     第2回:2013年5月10日(金) 
                18時30分~21時00分
     ファシリテーター:上田雅美、垂水克己

     ※それぞれの内容は同じです。

場所:港区赤坂近辺(お申し込み頂いた方に詳細はご案内します)

参加費:3,000円  ※参加費は当日に会場でお支払い下さい。

お申し込み方法:下記アドレスから申込みページに行き、
                必要事項をご記入の上お申し込みください。

        http://kokucheese.com/event/index/80164/

問い合わせ先:ビガーゲーム:ジャパン
       
        thebiggergamejp@gmail.com


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4,主催者プロフィール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【松本 由美 (まつもと ゆみ)】

東京都生まれ。米国オハイオ州マイアミ大学卒業。
早稲田大学大学院商学研究科博士課程単位修得。アメリカで過ごした3年間の
異文化体験からコミュニケーションに強い関心を持つ。

以来、企業研修や大学での講義、コーチングを通じ、一貫して人材育成に
携わりながら、一人ひとりが個性を発揮しながら、お互いを尊重し、助け合い、
共に成長していく、生きる歓びに満ちた社会の実現を目指している。
 
現在は主に、仕事や結婚、闘病、子育て、介護など、自身の経験を活かし、
人が喜怒哀楽の経験の先へ踏み出す一歩をビガーゲームを通して応援している。

米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ(CPCC)。
早稲田大学商学部非常勤講師。


【垂水 克己(たるみ かつみ)】

経営コンサルタント/中小企業診断士
組織の一体化と信頼感醸成を創り出す組織変革のスペシャリスト。 
                          
中央大学商学部経営学科卒。ハウス食品(株)にて14年間にわたる営業職に
従事した後、グループ経営企画部署に異動。組織風土改革及びM&A先企業との
企業グループ一体感醸成、子会社経営支援など7年間にわたって奔走した後に独立。

経営陣とミドルマネジメント間のコミュニケーションギャップから来る
業績低迷に鋭くメスを入れ、組織変革を成功に導くことに定評があり、
現在はビガーゲームを通じたリーダー育成、組織風土醸成に力を入れている。

ライフオーナーシップ 代表( http://www.life-ownership.com/ )


【津村 英作(つむら えいさく)】

1964 年東京都生まれ。ヒューマンエデュケア代表、慶應大学丸の内キャンパス/講師、
CRRジャパン/ファカルティー、ビガーゲーム認定トレーナー、
プロコーチ(プロ資格PCC,CPCC,ORSCC)組織心理学博士(Ph.D.)

いくつかのコンサルティングファームを経て2002年、ヒューマンエデュケア設立。
個人と企業に対して心理教育的なアプローチからコミュニケーション、リーダーシップ、
組織開発分野でコーチングとワークショップを展開。

同時に日本初のビガーゲーム公認インストラクターとして、自分と相手と社会に
貢献する「3つのWIN」を志向する「ビガーゲームプレーヤー」の育成に取り組んでいる。


【上田 雅美(うえだ まさみ)】

株式会社アネゴ企画代表取締役/コーチ

2001年よりコーチ向けコミュニティーの立ち上げを経験し、10年に渡り勉強会や
ワークショップの企画・運営などを行う。

2003年にはまだ日本で希少だった企業内コーチも自ら組織内に導入。
現在では独立し、エクゼクティブコーチとして経営者と二人三脚で組織開発や
リーダー育成に従事。クライアントの自己基盤強化に定評があり、個の成長と
組織の成長をサポートしている。

現場リーダー向け「リーダー塾」、「日本から世界へ!未来を創る経営者塾」
を主宰し、リーダーが育つ場の運営に力を注ぐ。

生涯学習財団認定コーチ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5,ビガーゲームとは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビガーゲームは、CTI(世界的なコーチ養成機関)の創立者の一人である
ローラ・ウィットワースと、It’s All Made Up の創立者であり、CTIの
シニア・トレーナーでもあるリック・タムリンが創った、イノベーション(革新)
をもたらすモデルであり、彼らが数千人に対してコーチングを行ってきた中で
見つけた、成功者に共通する思考や行動パターンをモデルにしたものです。

それは、個人やグループが義務感からではなく、やむにやまれない、心を捉えて
離さないような目的によって意識を高め、大きな成果を成し遂げていくために
役立つ概念モデルであり、 アプローチとも言え、個人やグループ、あるいは組織が、
新たなものを取り入れ、発展するための、今までとは異なるアプローチを提供します。

このメソッドを丹念に活用すると、個人やグループが、家庭やコミュニティー、
環境、仕事において、何を達成したいのか、どんな人でありたいのかを明確にし、
自覚を促すことができます。

また個人が真の欲求をより 充実した人生に活かし、周囲の状況や事情によって
ではなく、高次の目的やより意義深いものによって自分の振る舞いや行動を
決めていくことを可能にするのです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメント

Tue, Apr 10

  • 01:54  都内百貨店のイベントスペースでこだわり食品を扱う店に遭遇。材料と製法にこだわり、味見するとどれもめちゃくちゃうまい。社長自ら販売し想いを伝えておられました。やっぱり想いを持った人が語られると心が動きますね。
  • 02:09  あれだけ原料と製法にこだわっているとお客である私に語っていたのに、ホームページを見に行くと単なる通販ページになってしまっているのはもったいないな〜と思いました。理念や信念は何度でも伝える必要がありますよね。
Powered by twtr2src.
コメント

Mon, Jan 23

  • 15:40  「目標とは、追いかけられるモノではなく追いかけるモノ。目標とは、達成するモノではなく、突破し続けるモノ」ザ・ムーブメント 主宰であるの相葉力哉の言葉です。肝に銘じておきたい言葉だなと思いましたよ。
Powered by twtr2src.
コメント

Tue, Jan 17

  • 03:52  プロジェクトを立ち上がた際にとっかかりとして飲みニケーションを入れたがりますが、一旦、状況共有や問題洗い出しなど本来の話を共有してからの方が効力が段違いに異なりますよね
Powered by twtr2src.
コメント

Fri, Jan 13

  • 13:23  創業社長の中に秘められている創業の経緯、創業からこれまでの苦労や辿ってきたプロセスを、実は社員達にあまり伝えて来てない例を良くお見かけします。もったいない事ですね
Powered by twtr2src.
コメント
過去の記事を読む..