キャリアに悩むビジネスパーソンの応援団長がお送りする
今より10倍人生を楽しむためのキャリア選択方法
  コーチの行動規範
以下の行動規範に基づいて、コーチングをさせて頂きます。
  1. 私たちは、クライアントに対する守秘義務を守り、クライアントが話したことを第三者に口外するようなことはしません。また、クライアントから特段の許可がない限り、その名前すら公表することはありません。

  2. 私たちは、クライアントのために法を犯したり、クライアントが関与する暴力行為や違法行為について共謀するようなことはしません。

  3. 私たちは、成果に基づく報酬を受け取るような契約を結びません。たとえば、クライアントが勤務先から得たセールス報酬のうち、その10%を受け取るといったものです。コーチは、クライアントからの贈答品や謝礼金を、期待も要請もしません。こうした行為は全て、クライアント自身の選択によるものです。

  4. 私たちは、企業と契約を交わす場合においても、個人をクライアントとして尊重し、彼らに対する守秘義務を守ります。

  5. 私たちは、その人が成長しうる最高の姿を見出せず、心から支援できないときは、コーチングの関係を結びません。

  6. 私たちは、自らのサボタージュが、クライアントの歩みを妨げないよう自己管理に努めます。それにより、コーチ自らの主題ではなく、クライアントの主題を尊重します。

  7. 私たちは、コーチを職業とするすべての同僚や同業者、そしてコーチという職業そのものに対して敬意を持って接します。

  8. 私たちは、クライアントの大きな主題と小さな主題を尊重することで、行動と学習を促すだけでなく、クライアントが自分の価値観を尊重し、自分に起きる感情を味わい、自分が願うようにバランスされたよりよい人生を生きることを支援します。

  9. 私たちは、クライアントはもともと完全な存在であり、自ら答えを見つける力を持っているという信念に沿って行動します。